【書評・要約】チーズはどこへ消えた?【変化を恐れず行動しよう!】

【変化を恐れず行動しよう!】

医学博士/心理学者・スペンサー ・ジョンソンが、

『チーズはどこへ消えた?』と題して、

単純なストーリを例に、

状況の変化にどう対応すべきなのか?について解説する1冊。

書籍の紹介文

1度得た幸せ、安定を突然失ったら、人はどうすべきでしょうか?

あなたなら、どうしますか?

 

本書は、変化を受け入れ、

新しい変化に恐れず、

立ち向かうことの大切さについて解説する一冊。

変化が起きた時の行動パターン(4つ)によって

結果がどう変化するのか?をまとめたのが、本書です。

変化をどうとらえ、理解すれば良いか?

その方法を学べます。

【要約】15個の抜粋ポイント

✔️私たちはみな、自分にとってのチーズを心にいだいており、それが手に入れば幸せになれると信じて追いもとめる。

手に入るとそれに執着し、なくしたり奪われたりすると大きなショックを受けかねない。

 

 

✔️彼はくじけそうになるたび、自分に言い聞かせた。

いまは望ましい状況ではないが、チーズがないままでいるよりずっといいのだ。

なすがままになっているのではなく、自分で何とかしようとしているのだから。

 

 

✔️恐怖がなくなると、想像以上に楽しくなるのがわかる。

 

 

✔️自分を幸せにしてくれるのは、ただチーズを手に入れることではない、とわかったのだ。

 

 

✔️人が恐れている事態は、実際は想像するほど悪くはないのだ。

自分の心の中につくりあげている恐怖のほうが、現実よりずっとひどいのだ。

 

 

✔️人は考えを変えると、行動が変わるのだ。

変化は害を与えるものだと考え、それに抗う人もいる。

だが、新しいチーズをみつけられれば変化を受け入れられるようになる、

と考えることもできる。

すべて、どう考えるかにかかっているのだ。

 

 

 

✔️物事を簡潔に捉え、柔軟な態度で、すばやく動くこと

 

 

 

✔️問題を複雑にしすぎないこと。

恐ろしいことばかり考えて我を失ってはいけない。

 

 

 

✔️小さな変化に気づくこと。

そうすれば、やがて訪れる大きな変化にうまく備えることができる。

 

 

 

✔️変化に早く適応すること。

遅れれば、適応できなくなるかもしれない。

 

 

✔️最大の障害は自分自身の中にある。

自分が変わらなければ好転しない

 

 

✔️自分が変わるには、自らの愚かさをあざ笑うことだ。

そうすれば見切りをつけ、前進することができるのだ。

 

 

✔️おそらくもっとも大事なことは、つねに新しいチーズがどこかにあるということだ。

その時点ではそう思えなくても。

そして、恐怖を乗り越え、冒険を楽しむなら、報いはあるということだ。

 

 

 

✔️私たちに起きたことを振り返ってみると、

『チーズがどこかに消えてしまった』ということだけじゃなく、

『チーズ』自体に寿命があって、いつかは尽きるのだということがわかるわ。

「もしかしたら、『古いチーズ』は、これまでの行動を意味しているのかもしれないわ。

本当に捨てる必要があるのは、関係を悪化させている行動なのよ。

そうして、よりよい考え方、ふるまい方をするようにすべきなんだわ」

 

 

 

✔️「そのとおりだよ。新しいチーズというのは、同じ相手との新しい関係のことなんだ」

関係に見切りをつけるのではなく、これまでの行動を改めるという考えは気に入った。

ふるまいが変わらなければ、結果も変わらない。

 

【実践】3個の行動ポイント

✔️物事をシンプルに考える

✔️執着しない

✔️恐れない

ひと言まとめ

変化を恐れず、楽しもう!

 

書籍情報

【書籍名】チーズはどこへ消えた?

【著者名】スペンサー ・ジョンソン(著) 門田 美鈴 (翻訳)

【出版社】扶桑社

【出版日】2000/11/27

【オススメ度】★★★★

【頁 数】96ページ

【目 次】

1章 ある集まり シカゴで

2章 物語 チーズはどこへ消えた?

3章 ディスカッション その夜

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA