【かんたん】タモリ式入浴法【結論→汚れも匂いも問題なし】

そもそもタモリ式入浴法って何?

石鹸使わないで汚れは落ちるの?

臭くないの?

やり方が知りたい。

 

 

そんな疑問にお答えします。

 

✔️本記事の内容

  • タモリ式入浴法とは?
  • タモリ式入浴法で汚れは落ちるのか?気になる匂いは?
  • メリット3つ、デメリット2つ
  • タモリ式入浴法のやり方
  • まとめ

 

実際に、タモリ式入力法と湯シャンを続けて3年の

私が詳しく解説していきます。

 

タモリ式入浴方法とは?

ボディソープ、石鹸を一切使わず

お湯に10分浸かるだけの入浴法。

芸能人のタモリが実践してから広まった。

他に実践している主な芸能人

ローラ、梨花、福山雅治、妻夫木聡、黒木瞳、石田ゆりこなど

 

タモリ式入浴法で汚れは落ちるのか?気になる匂いは?

結論、汚れも匂いも問題ありません。

タモリ式入力法で問題ない理由

本来お湯には強い洗浄力がある。

皮脂の8割以上はお湯だけで落ちます。

汚れを落とすには40度以上が最適だが、高温だと刺激が強く肌に悪影響。

38度で長時間浴槽に浸かることで、ほとんどの皮脂汚れが落とせます。

入浴後しっかりタオルで拭き取れば匂いも気になりません。

具体例として私の体験談を話します。

元々長風呂が好きなので10分浸かるのは苦になりませんでした。

出てから、お湯を抜くとびっくりするぐらい、垢やら汚れが浴槽についていたのを

覚えています。

ただし、拭き取ったタオルは、以前に比べ汚れが目立ち、匂いも気になります。

拭き取りでも汚れをとっているってことですね。

入浴後は、石鹸を使っていたときに比べ、肌がしっとりして保湿されている感じがします。

夏場はほとんどシャワーだけで済ましていますが汚れはちゃんと落ちるし、匂いもなし。

 

メリット3つ、デメリット2つ

メリットその1 肌に優しい!

かわいい地球とエコのイラスト

 

多くの石鹸、ボディソープには合成界面活性剤が入っている。

天然由来ではない合成の界面活性剤は、人体に悪影響を与える毒性がある。

また、

 

体をこすることもしないので、皮膚を傷つけません。

地球を汚さず自然環境に優しいエコです。

メリットその2 湯船につかる習慣がつく!

湯船に浸かる3つの効果

1.温熱効果

血流が良くなり、血液中の老廃物、二酸化炭素が排出される。

2.水圧効果

血管を圧迫させ、末端への血液・リンパの循環が良くなる。

3.浮力効果

お湯の中での体重は10分の1。

筋肉や関節が緩み、副交感神経が働き精神的安らぎが得られる。

メリットその3 石鹸代が節約できる!

節約できるお金は微々たるものですが…

その他のメリットもあり。

石鹸を置くスペースが不要。

スペア保管スペースも不要。

石鹸を買いに行く手間が不要。

旅行時の荷物も減らせます。

デメリットその1 石鹸に比べれば、汚れ、匂いは多少残る

体質やその日の汚れ具合により差はあります

私の体感では、ほとんど気になりません。

気になる場合は、重曹を入れたり、入浴回数を増やすなど試してみてください。

デメリットその2 タオル、浴槽が汚れやすくなる

浴槽、タオルを毎回洗えば問題なし!

 

まとめ

結論、タモリ式入浴法で汚れも匂いも全く問題なし!!!

湯シャンに比べ、体質の差は少ないので誰でも実践できます。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA