【節約】削るべき固定費10選・削ってはいけない固定費3選【一人暮らし向け】

 

 

固定費を節約したいけど、何を削ればいい?

固定費節約のコツが知りたい。

 

 

そんな疑問にお答えします。

 

✔️本記事の内容

  • 削るべき固定費10選(優先度高い順)
  • 削ってはいけない固定費3選(優先度高い順)
  • まとめ

 

月7万円生活を3年以上継続中、貯金額1000万以上の

この私が詳しく解説していきます。

 

削るべき固定費10選(優先度高い順)

1.家賃

一人暮らしなら真っ先に考えるべき費用。

実家暮らし→最強

居候→友人宅、彼氏、彼女の家に住み着く

安い物件へ引っ越す

シェアハウスへ引っ越す

海外の物価の安い国へ引っ越す

安い物件の探し方

【①都市郊外、②築30年以上、③駅へ徒歩圏内、④1K】の条件で探すことをおすすめする。

①地方ならさらに安い物件もあるが、車が必要になるので割高になる。

②築30年でも全く問題無し。

 鉄筋マンションだと防音、耐震性が高い。

③駅近なら車を手放せる。

④一人暮らしなら1Kで十分暮らせる。

ベット不要、寝袋生活なら狭くても問題無し。

詳しくは部屋を広く使う方法をご覧ください。

検索はアットホームがおすすめ。

他社だと3万円からだが、最安2万円から検索できます。

築30年以上、駅へ徒歩圏内、1Kの条件なら安い物件多数あり。

広い部屋が欲しい方はURの事故物件がおすすめ。

3Kで2万円程度の物件もざらにあります。

詳しくはUR事故物件に住もう!をご覧ください。

 

私自身は今住んでいるアパートの家賃は管理費込みで2万3千円。

埼玉郊外、駅から徒歩5分、10畳の1K。

2.車

車を手放すことによって車の駐車場代、ガソリン代、自賠責保険、任意保険、自動車税、車検代全て無くせます。

駅近物件へ引っ越せば長距離移動は電車、近距離は徒歩か自転車にしましょう。

運動にもなります。

たまにしか使わない人ならカーシェアリングやタクシー代の方が間違いなく安上がり!

 

3.保険

一人暮らしなら保険は必要無し。

生命保険→扶養家族がある人用→不要

医療保険→国民健康保険会社の健康保険の高額医療費控除で自己負担額は8万円程度→不要

自動車保険→自動車を手放す、保有しない→不要

 

4.格安simへの移行

スマホとWi-Fiのイラスト

今すぐ移行しましょう。

絶対に行った方がいいです!

なんせデメリットが全く無しで料金だけ下がる訳ですから。

移行してもdocomo、au、softbankの回線を流用しているため

回線品質自体に違いは無し。

ただし、時間帯によって混みあう時間帯は通信速度が遅くなることもある。

おすすめの移行先

今なら楽天モバイル1択です。

1年間無料。

通話料無料。

5ギガ使い切った後も、1メガの速度でネット使い放題。

動画の画質にこだわりがなければネット回線はテザリングのみでいけます!

最近ではキャンペーンも行っていて端末も安く手に入ります。

詳しくは「Rakuten UN-LIMIT」お申し込みで、Rakuten Miniを1円でGET!をご覧ください。

5.電力契約の変更

電気使用量の明細書のイラスト

 1.電気会社の変更

電力自由化されていること、ご存知ですか?

例えば関東エリアなら東京電力以外に安い電力会社があります。

価格comなどで比較検討することをおすすめします。

 2.アンペア変更

デフォルトでは30アンペアになっています。

一人暮らしなら20アンペアで十分。

電気会社へ連絡すれば変更してもらえます。

Webから手続きも可。

 

6.都市ガスの物件を選ぶ

都市ガスの方プロパンガスよりも安いのでこれから引っ越しする方は

できるだけ都市ガスの物件を選びましょう。

7.サブスク解約

使っていない月額制サービスを解約する。

今契約しているサービス本当に使ってる?必要?かどうか確かめよう。

必要かどうか迷ったら一旦解約してみる。

それで問題なければ必要なかったということ。

動画サービスなら、Amazonプライム、Netflix、Huluなど重複契約してないか?

お試しで入った会員サービス解約忘れてほったらかしにしてませんか?

8.有料クレジットカード解約

クレジットカードのイラスト02

年会費がかかっているクレジットカードは必要無し。

はっきりとした目的があり、元が取れているなら利用価値はある。

元を取ろうとして、必要以上にカードを使いすぎるのは本末転倒です。

マイルを溜めるために無駄な買い物をするなど。

無料なら楽天デビットカード、無料のゴールドカードならエポスカードがおすすめ。

特にデビットカードは、即口座から引かれるのでお金の把握がしやすいです。

通常の買い物はデビットカード。

固定費の支払いはクレジットカード(楽天カード)。

海外旅行保険用にエポスゴールドカードという使い方がベスト。

楽天デビットカードについては楽天銀行デビットカードが使い勝手良すぎる

エポスカードについてはエポスカードを作るべき3つの理由をご覧ください。

9.コンタクトレンズ

眼内コンタクト、レーシック手術を受けて視力を回復することでコンタクトレンズ代が不要になります。

眼内コンタクトについてはICL(眼内コンタクト)は絶対やるべき!をご覧ください。

 

10.NHK受信料

テレビを断捨離すれば支払い不要にできる。

どうしても見たいなら、

主な民放番組はTVerで、NHKはNHKプラスでライブ視聴できる。

私自身は、テレビを強制的に断捨離してから5年たちますが、

テレビを見たいという気持ちは一切なくなりました。

夜更かしをしなくなった、自由な時間が増えた。

テレビからの誘惑、洗脳による物欲、思考などがなくなりました。

削ってはいけない固定費3選(優先度高い順)

1.趣味

音符とエレキギターのイラスト

趣味のお金を削ると幸福度が下がります。

好きなことにはお金を使うべき。

詳しくはこちらの記事をご覧ください。

2.食費

 

 

 

 

 

健康こそ最大の節約!

食費をケチると

健康に悪影響→病気になる→仕事に支障が出て収入が減る、医療費がかかる

というサイクルに陥ります。

基本的に安い食料品は、栄養価が低い、添加物が多く健康コスパは悪いです。

自炊なら月2万円は確保するべき。

3.光熱費

炎天下で汗をかく女性のイラスト

電気代がかかるからと言って冷暖房を使わないで我慢すると

体調不良になり、日々のパフォーマンスが下がります。

光熱費と言っても一人暮らしの1Kなら、気にせず使ってもそれほど費用対効果はありません。

気にせず使うことを推奨。

私の体験談を語ります。

以前URの事故物件に住んでいました。

URの物件はエアコンはついていません。

悩んだ挙句、1年間だけ半額で住めるというメリットを生かすため、1年後の退去を考え

エアコンはつけませんでした。

一番辛かったのが夏。

部屋は5階建ての5階なので、屋上からの熱がモロに部屋に伝わります。

日中は常に30度。

扇風機を回しても熱風。

熱中症になりかかったり、常にだるくて、何もする意欲が出ず、だらだらと過ごしていた記憶あがります。

冬も我慢はできますが、かぜ引くと辛いです。

インフルエンザにかかって寝込んでいた時は、暖房器具が恋しくて泣きたくなるレベル。

まとめ

固定費の節約の最大のメリットは1度変更してしまえば、

その後ずっと効果が持続することにあります。

面倒なのは最初の1度だけ。

           今すぐ行動しましょう!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA