【書評・要約】20歳の自分に受けさせたい文章講義

文章はオレンジジュース!

ライター/株式会社バトンズ代表・古賀 史健が、『20歳の自分に受けさせたい文章講義』と題して、伝わる文章の書き方

を解説する1冊。

書籍の紹介文

「話すことはできても書けない」のは、「なぜ」でしょう?

あなたはどのように思いますか?

 

本書は、学校では習うことのなかった文章の書き方、について解説する一冊。

 

どうすれば読みやすい文章を書けるようになるのか?をまとめたのが、本書です。

文章の書き始めから終わり方、までの手順が学べます。

読み手に伝わる文章が、書けるにようなります。

【要約】15個の抜粋ポイント

①〝書く技術〟を身につけることは、そのまま〝考える技術〟を身につけることにつながる。

 

文章とは「頭のなかの『ぐるぐる』を、伝わる言葉に〝翻訳〟したもの」である

 

③「1行の間に必ず句読点をひとつは入れる」

もしも句読点が入らない場合は、カッコ「」を入れる。

 

④読みやすさを優先して考えるなら、10行と言わず、最大5行あたりをメドに改行したほうがいいだろう。

 

⑤漢字そのものが太字で書かれたキーワードのような役割を果たしている。

 

⑥一般に〝事実〟の描写というと、数字や科学的データの挿入だけで終わってしまいがちだ。

しかし、本当のリアリティは、

日常の何気ないところに転がっている〝面倒くさい細部〟を描写することによって生まれるのである。

⑦結局、われわれが本当の意味でその「椅子」に座れる読者は、世の中に2人しかいないとぼくは思っている。

次の2人だ。

①10年前の自分

②特定の〝あの人〟

 

⑧もともとひとつの本は、内容で読むひとを限ってしまうところがある。

これはどんなにいいまわしを易しくしてもつきまとってくる。

また一方で、著者の理解がふかければふかいほど、わかりやすい表現でどんな高度な内容も語れるはずである。

これには限度があるとはおもえない。

(改訂新版『共同幻想論』吉本隆明/角川書店)

 

⑨文章の「起〝転〟承結」を成立させるためには、冒頭に「自らの主張と真逆の一般論」を持ってくる必要がある。

なぜなら、そうしないとあなたの主張が〝転〟の役目を果たさないからだ。

 

⑩「大きなウソは許されるが、小さなウソは許されない

 

⑪細部をどれだけ大事にできるかは、文章を書く上で最重要ポイントのひとつと考えていいだろう。

 

⑫「目からウロコが落ちる」要素は、全体の3割で十分だと思っている。

 

⑬「文章には〝自分の頭でわかったこと〟以外は書いてはいけない」

 

⑭素材も題材も、探す必要はないのだ。

問題は「なにを書くか?」ではなく、「なにを書かないか?」なのだ。

 

面白くない文章とは、なによりも冗長なのだ。

「いい文章」とは「読者の心を動かし、その行動までも動かすような文章」のことである。

 

【実践】3個の行動ポイント

✔️文章は簡潔にする!

✔️小さなウソを書かない!

✔️句読点を1文に1つ以上入れる。

ひと言まとめ

文章は書こうとするな!

翻訳せよ!

 

 

 

 

 

書籍情報

【書籍名】20歳の自分に受けさせたい文章講義

【著者名】古賀 史健

【出版社】講談社

【出版日】2012/1/26

【オススメ度】★★★★

【頁 数】280ページ

【目 次】

               ◆はじめに「話せるのに書けない!」のはなぜか?

                              文章がうまくなる必要なんてない

                           「話し言葉」を「書き言葉」に変換するノウハウ

                             学校の作文はすべて忘れよう

                             書くこととは、考えることである

                             ガイダンスその気持ちを「翻訳」しよう

                             うまく言葉にできない、頭の中の「ぐるぐる」

                             なぜ〝翻訳〟が必要なのか?

                          「頭の中が見せられるなら見せるんだ」

                            「あー、面白かった」しか言えない人

                            聞いた話を〝自分の言葉〟で誰かに話す

                         「地図・絵・写真」を言葉にしてみる

                          「書く時代」が訪れる前に

               ◆第1講文章は「リズム」で決まる

                            文体とは「リズム」である

                         「リズムの悪い文章」はなぜ読みにくいのか?

                         「バカバカバカ」と笑う女子高生

                           リズムのカギは接続詞にある

                           美文よりも「正文」を目指す理由

                           ローリング・ストーンズに学ぶ文章術

                           文章の「視覚的リズム」とは?

                           句読点は「1行にひとつ」

                           改行のタイミングは早くていい

                          漢字とひらがなのバランスを考える

                          音読してなにをチェックするのか

                          断定はハイリスク・ハイリターン

               ◆第2講構成は「眼」で考える

                         文章の面白さは「構成」から生まれる

                         起承転結は悪なのか?

                         文章のカメラワークを考える

                         導入は「映画の予告編」のつもりで

                         予告編の基本3パターン

                         論理展開のマトリョーシカ人形

                        すべての文章には〝主張〟が必要だ

                      〝理由〟と〝事実〟はどこにあるか

                      〝面倒くさい細部〟を描く

                         文字量を〝眼〟で数える

               ◆第3講読者の「椅子」に座る

                         あなたにも〝読者〟がいる

                      「10年前の自分」に語りかける

                         たったひとりの〝あの人〟に向けて書く

                      「わかるヤツにわかればいい」のウソ

                      「生理的に嫌いな文章」に注目する

                         読者は「どんな姿勢で」読んでいるか

                      〝説得〟せずに〝納得〟させる

                         人は「他人事」では動かない

                      〝仮説&検証〟で読者をプレーヤーにする

                         読者を巻き込む「起〝転〟承結」

                         冒頭に「真逆の一般論」をもってくる

                      「大きなウソ」は許されるが、「小さなウソ」は許されない

                       「わかったこと」だけを書く

                        目からウロコを何枚落とすか?

                        なぜ「あなたにも〝読者〟がいる」のか?

                ◆第4講原稿に「ハサミ」を入れる

                        右手にペンを、左手にはハサミを

                     「なにを書くか?」ではなく「なにを書かないか?」

                        伝わる文章は〝オレンジジュース〟

                        まずは頭の中の〝ぐるぐる〟を紙に書き出す

                        下手な文章術より映画に学べ

                      「もったいない」のサンクコスト

                        なぜ文章を切り刻むのか?

                        図に描き起こすことができるか?

                        映像は思い浮かぶか?

                        行き詰まったらフォントを変えてみる

                       1回ではダメ。2回は読み返す

                      「いい文章」とはなにか

                  ◆おわりに

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA