【書評まとめ】「超」AI整理法【スマホ1台で超楽チン!】

『いらないものを捨てましょう』という考えを捨てましょう」!

早稲田大学ビジネス・ファイナンス研究センター顧問。一橋大学名誉教授・野口 悠紀雄が、『「超」AI整理法 無限にためて瞬時に引き出す

』と題して、クラウドを活用した現代の検索術、AI活用術

を解説する1冊。

書籍の紹介文

「整理しよう!」と考えた時、あなたは何をしますか?

いらないものの削除?分類?

クラウドサービスを使い、検索して探し出せれば、削除も分類も不要!と筆者は説きます。

 

本書は、googleサービスを活用した整理法について解説する一冊。

”グーグルドキュメント”・”グーグルフォト”・”グーグルレンズ”の有効な使い方をまとめたのが、本書です。

音声入力、音声読み上げ、画像検索の方法が学べます。

音声入力法によってメモ、文章入力が圧倒的に楽になります。

【要約】15個の抜粋ポイント

❶整理の目的は2つあります。

1つは、資料を保存するためのスペースを確保すること。

もう1つは、必要な資料を探し出せるようにすることです。

これが目的であり、整理することそれ自体が目的ではありません。

 

❷デジタル情報時代のモットーは、「分類するな。ひたすら検索せよ」です。

 

❸音声入力は、頭の中を「見える化」する手段になっています。

 

❹「ポケットがたくさんあっても、すべては使わず、1つのポケットだけを使うべきだ」と私は考えています。

これを「ポケット1つ原則」と呼ぶことにします。

押し出しファイリングは、すべての書類を1カ所にまとめるので、「ポケット1つ原則」を実現しています。

❺キャッシュがいっぱいになってデータを捨てる必要が生じた場合、どのデータを捨てるべきか?

LRU(Leastrecentlyused:最長時間未使用の原理)がその答えです。

使用したデータをリストの先頭に戻せばよいのです。

「最後に使われてから最も長い時間が経ったもの」というほうが分かりやすいでしょう。それを捨てるのです。

これは、MTF(Movetofront:先頭に送る)法と呼ばれます。

 

❻「キャッシュに新しいデータを加えるとき、それをどこに入れるか?そして、使用したデータは、どこに戻せばよいか?」

使用したデータをリストの先頭に戻せばよいのです。

これは、MTF(Movetofront:先頭に送る)法と呼ばれます。

 

❼私は、2015年頃から、原稿やメモを書く際に、音声認識を用いてグーグルドキュメントに入力する方式を採用していました。

グーグルドキュメントをメモ帳とすることの明らかな利点は、データがクラウドにあるため、どの端末からもアクセスできることです。

私はこれまで、音声入力で長い文章が書けることに注目していたのですが、それだけではなく、検索に音声入力が使えるというのが重要な点です。

 

❽写真を保存する「ポケット」は、グーグルフォトだけにするのがよいでしょう。

グーグルフォトでは、つぎの操作によって、写真の容量をゼロにできます。

ウェブブラウザでグーグルフォトを開き、左上の三本線マークから「設定」で「容量解放」を選び、「圧縮」を選択します(なお、圧縮した画像は元に戻せません。また、この処理に長時間が必要です)。

❾グーグルフォトでは、正確な日付さえ分かれば、目的の写真を容易に引き出せます。

つまり日付は、写真の検索における最も重要なキーなのです。

 

音声入力を用いると、この関門を突破することができます。

つまり、「出発」することが簡単にできます。

 

⓫原稿を作る4つのステップ

(1)メモ入力テーマを決め、思いついたことを音声入力します。

(2)スマートフォンやタブレットで編集ある程度でき上がったところで、スマートフォンやiPadなどのタブレット端末でメモを編集します。

(3)追加メモを入力追加のメモを、スマートフォンから音声入力します。

(4)エディタで編集ある程度でき上がったところで、PCを用いて本格的な編集作業を行います。

 

⓬グーグルレンズは、識別能力も高いし、データベースも充実しているので、スマートフォン用の画像認識アプリの中で、最強のものと言えるでしょう。
印刷物などのデータをデジタルデータにして保存するのが目的であれば、PDFで保存するのが最も便利でしょう。

したがって、AdobeScanでスキャンしていけばよいでしょう。

⓭本を作る過程を自動化する

①思いついたことを、何でもすぐに音声入力で「超」メモ帳に記録する。

②新聞記事の見出しも、音声入力や写真の形で記録する。

③これらは、「あああ」などのキーワード(第3章の4を参照)で検索できるようにしておく。

④随時これらのメモを参照し、さらに発展させたメモとする。

 

以上に加え、これを補完するものとして、ツイッターやnoteなどのSNSを利用しています。

 

まず、思いついたことをツイートします。

そして、一定期間(1カ月ぐらい)ごとに、これらをカテゴリごとにまとめて分類します。

それを、noteの「アイディア農場プロジェクト」にまとめて公表しています。

 

⓮グーグルレンズの画像認識を用いて、独学を進めることができます。

とくに、外国語の勉強には有用です。

外国語の本をグーグルレンズで撮影して、シームレスで自動翻訳にかけられます。

グーグルレンズを用いれば、グーグル翻訳の読み上げ機能を利用して、音読が聞けます。

左記のQRコードをスマートフォンで読み取ると、動画が見られます。

 

⓯パスワードの入力が必要になったときには、ノートなどに書いてあるものをグーグルレンズで読みます。

認識してくれたら、「Copytext」のボタンを押してコピーし、パスワードを求められている画面に貼り付けます。

 

【実践】3個の行動ポイント

✅音声入力でメモ・文章を書く!

✅アイディア農場プロジェクトを実行してみる!

✅パスワード入力にグーグルレンズを使う!

 

ひと言まとめ

AI三種の神器は、”グーグルドキュメント”・”グーグルフォト”・”グーグルレンズ”!

 

 

 

 

 

書籍情報

【書籍名】「超」AI整理法 無限にためて瞬時に引き出す

【著者名】野口 悠紀雄

【出版社】KADOKAWA

【出版日】2019/6/29

【オススメ度】★★★☆☆

【頁 数】

【目 次】

第1章 新しい情報大洪水の到来

1 コンピュータが「眼や耳を持ち」使いやすくなった

コンピュータが使いにくかったのは「能力が劣っていた」から

われわれはいまやカエサルを超えた

眼を持った百科事典が出現

文字を読み取り「あっという間に検索」

人間とコンピュータの境界面が変わった

図表1-1コンピュータの使い方の変遷

 

2 人間の処理能力を超える情報量

なぜ情報が爆発的に増えているのか?

大量の情報に呑み込まれて有効利用できない

3 基本的な考えを変えれば大きな可能性が開ける

「捨てること」をやめて「検索する」

画像認識をうまく使えば仕事と生活が変わる

図表1-2グーグルレンズの利用可能性

個人情報を知られる問題をどう考えるか?

 

第2章 情報大洪水時代に必要な「超」整理法の思想

1 分類するな。ひたすら並べよなぜ整理が必要なのか?

ノウハウになっていないノウハウが多すぎる

情報は分類できない「押し出しファイリング」の思想

図表2-1押し出しファイリング

「ポケット1つ原則」を実行する

2 「超」整理法は数学的に最適な方法

最後に使われてから最も長い時間が経ったものを捨てる

使った資料は元に戻さず「先頭に置く」

「いつからある?」よりも「最後に使ったのはいつか?」

3 分類するな。ひたすら検索せよ

GREP検索を用いていた時代

Gメールをアーカイブにする

Gメールの雑音を見事に排除できた

「捨てる」のは事実上不可能な作業になった

グーグルも徹底していない

 

 

第3章 AI時代の「超」メモ帳

1 超強力な「超」メモ帳

ファイルの増加に「捨てる作業」が追いつかなくなった

捨てる努力をやめて可能性が一挙に拡大

「超」メモ帳のさまざまな利用法

なぜこれが「AI時代のメモ帳」なのか?

超強力な外部脳の誕生

2 写真の検索システムをついに確立した

写真の保存ポケットはグーグルフォトだけにする

写真の容量をゼロにできる

画像検索能力はまだ不十分

写真を検索する

インデックスを作る

写真データシステムの運用

「紙の書類」「テキストデータ」「写真」の整理原則

図表3-1紙の書類、テキストデータ、写真の整理原則

3 キーワードの設定が肝要

「属性キーワード」を設定する

キーワードが雑音とならぬよう注意

「超メモ帳の分類」と「紙の書類の分類」の違いとは

図表3-2カスケード方式の分類

図表3-3キーワード方式の分類

キーワード方式なら巨大なデータを扱える

ファイルの並べ替えや削除も行う

ファイルを削除することにこだわらない

4 効率的なキーワードを作って「超」メモ帳を管理する

「重要重要重要」は本文には現れない

巨大リンク集でも機能する

目的のファイルを効率的に引き出す

「メタキーワード」メタキーワードの使い方

「アイディア製造工場」の重要な構成要素

「キーワード一覧」ファイルを作る

「使えば使うほど」使いやすくなる

 

第4章 思考を整理する「超」AI文章法

1 音声認識で文章を書ける

夢の技術が実現した

音声で検索する

音声入力で長い文章を書く

文章を書くスタイルが一変した

いつでもどこでも文章を書ける

2 音声入力機能の使い方特別の準備は必要ない

Siriとグーグルのどちらが優れているか?

3 いつでもどこでもすぐにメモを取る

短期記憶はすぐ消えるので「メモ」が重要

思いついたことをすぐにメモする

歩きながらアイディアを生み出す

「見える化」によって考えの「分量」が分かる

音声入力でメールの下書きを作る

グーグルドキュメントが便利

4 音声入力で本格的な文章を書く

音声入力だけでは完成品にならない

「速く書ける」より「スタートできる」のが重要

頭の中を「見える化」する

5 雑誌や書籍の原稿ができるまで

原稿を作る4つのステップ

厄介な「ドッペルゲンガ・シンドローム」

全体の構成を正しくする適切な「箱」があれば「内容を入れる」のは簡単

「使わずファイル」を作って心理的抵抗を減らす

 

第5章 AIの眼を持つ百科事典の実力は?

1 「眼のある百科事典」が出現

花の名前をどの程度詳しく教えてくれるか?

グーグルレンズは俳優の顔を認識する

政治家の顔はあまり認識できない

「データベースが重要」ということの意味

カメラを向けるだけで商品情報が集まる

文字認識の応用可能性は広い

2 画像認識アプリの使い方

スマートフォンで画像認識アプリを利用する

動画5-1グーグルレンズを用いて名刺の情報を読み取る

グーグルレンズ以外の画像認識アプリ

 

第6章 AIを駆使するアイディア製造と独学

1 AIを駆使する「アイディア製造工場プロジェクト」

本を作る過程を自動化するツイッターを利用した「アイディア農場」

アイディア農場からアイディア製造工場へ

時間が経つと別人になってしまう

「別人になった数人の私」が協力して仕事をする

2 途中過程を公開することの意味

「オープンイノベーション」という考え方

3 画像認識で外国語の本を簡単に読める

印刷物を自動翻訳にシームレスにかけられる

分解法で中国語を読む

人類の遺産のすべてを読める

「沈黙していた書物」がつぎつぎにしゃべり出した

4 AIに音読させて「外国語」を勉強する

外国語を勉強する最強の方法

動画6-1ゲーテの『ファウスト』を朗読させる

動画6-2ロシア語の会話で例文を音読させる

5 テキスト化できれば、何でもできる意外と知られていない

「テキストデータの重要性」

頭が痛いPDFの変換と解決するヒント

 

第7章 インターネットと現実世界の新しいつながり

1 印刷物の「疑似ハイパーリンク化」が可能になる

印刷物からウェブへの誘導が簡単になった

リアルな印刷物の価値が高まる

印刷物がウェブへの入り口になる

日経ARは紙面から動画に誘導

ネットと現実が「シームレス化」する社会

2 クリエイターが自分の存在を知らせる最強の方法

「見てくれる人がいない」は「作らなかった」と同じ

ページに誘導するQRコード入り印刷物を作る

名刺なら受け取ってもらえる

「名刺は保存するもの」という習慣を利用する

リアルな相手に「小さなテレビ受像機」を配る

3 QRコード名刺の作り方

QRコードの作り方

動画7-1QRコードをWordで作成する方法

名刺の作り方

動画7-2QRコード入り名刺の作り方

 

 

第8章 AIで事務作業を効率化

1 名刺の整理は難しい

急速に陳腐化し50音別も機能しない名刺情報

グーグルレンズで名刺を認識させる

名簿の「人数が多くなる」と「探すのが難しく」なる

2 AI時代における名刺の「超」整理法

解決のカギは「まとめて写真に撮る」だけ

名簿の作成それ自体が目的ではない

3 新聞記事の整理も難しい

切り抜きの山に悩まされ続けた

記事はウェブにあるが引き出せない

4 音声入力かグーグルレンズで見出しを保存

記事の見出しだけを残す

記事が必要になってから「見出しをテキスト化」

音声入力と写真のどちらが簡単か?

簡単にできないと続かない

「新聞記事の見出しリスト」は「問題発掘リスト」にもなる

記事そのものを写真に残してもよい

目的の文字列だけを認識させる方法

動画8-1グーグルフォトで目的の箇所を認識させる

5 使いやすく安全なパスワード管理

頭が痛いパスワード管理

グーグルレンズでパスワード管理が楽になった

6 画像認識で領収書を整理する

領収書の整理は面倒な作業

非定型文書からのデータ抽出は難しい

数字だけをスプレッドシートにコピーする

 

第9章 AIはいかなる未来を作るか?

1 人間が知識を持つ必要はなくなるか?

誰もが物識り博士になれる

知識が増えれば創造が容易になる

勉強が容易になり楽しくなる

2 AIの創造は人間の創造と違う

AIは文章を書けるようになっている

人間が文章を書く必要性はなくならない

「マテリアルズ・インフォマティクス」について

過学習への対処では「人間の判断」が重要

過学習を防ぐ方法は「アドホック」

3 ホレイショウよ。感動することはいくらでもある

ビーチ・ボーイズを聞かれてしまった!

知性を持ったスマートフォン?

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA