【書評・要約】いま、台湾で隠居してます【月5万円で生活できる!】

 

台湾のいちばんの名物は台湾人である!

隠居歴9年以上・大原扁理が、『いま、台湾で隠居してます ゆるゆるマイノリティライフ』

と題して、台湾での引きこもり生活3年間

を語るエッセイ集。

書籍の紹介文

今の生活、生きづらさを感じてませんか?

もっと適当に生きれたら楽だと思いませんか?

台湾には月5万円で生きれる物質的な生きやすさがある。

マイノリティに優しく、ゆるい繋がりができやすい土壌があり、精神的にも生きやすい!

と筆者は説きます。

 

本書は、東京での隠居生活歴6年の筆者が、

新たなに台湾での3年間の隠居生活を送った経験について解説する一冊。

 

台湾移住前に必要な準備ができます。

ガイドブックに載っている観光情報では得られない、現地での生活者目線での体験談が楽しめます。

月5万円生活の方法が分かります。

読んだら台湾移住したくなります😃

 

 

【要約】15個の抜粋ポイント

❶旅人って不思議なポジションですよね。

いまはそこにいるけれど、明日はいないかもしれない。

コミットしなくていいし、責任もないから、その街のいいところ、刺激的なところだけを見て、食べて遊んで、ああ楽しかったと去っていくこともできる。

出したゴミは現地に置いたまま。

でも旅人だから許される。

 

旅人である限り、なんかちょっと、その街にはカウントされてない感じがしてしまう。

街を下支えしている、そうした生活のなかにいるほうが、私はそこにいるという感じがするんです。

 

❷固定費を別にした生活費6162元(2万2184円)

 

家賃4300元(1万5480円)

水道100元(360円)

電気427元(1538円)

通信費166元(598円)

 

以上、すべてを合計して11万1155元(4万158円)でした。

というわけで、家賃や往復航空券も含めて、月5万円あれば大丈夫、というのが私の実感です。

 

❸こうした漢方医や鍼灸院って、台湾では街中で見かけます。

だから台湾の市街地ならどこで隠居しても(いや隠居しなくてもいいんだけど)、近所に必ずある。

かかりつけの漢方医を見つけておくだけで、心強さハンパないです。

保険適用外の外国人である私でも1000円程度で診察してもらえたし、何ならマッサージより安いので、観光客でも気軽に行けそうですよね。

最近はメディカル・ツーリズムという言葉もありますし、台湾リピーターでもう観光しつくした、という方は「中醫」目的の旅行もいいかもしれません。

 

❹他の人と違ってても、わかりあえないところがあっても、ガッカリしなくなる。

だって、わかりあえないのがデフォルトだから。

「強制的にマイノリティ(言語が不自由な外国人)になる」っていうのは、日本国内にいる日本人にとっては、なかなかできない貴重な体験でした。

わかりあえるって当たり前じゃなくて、ほんとはすごいことなんだって、たまに読み返して思い出すために、ここに書いておく。

 

❺海外に移住するということは、そこでしか生きられないようになることではありません。

日本でもいいし、海外でもいい。

いざとなったら世界のどこでだって暮らしていく。

住む場所や、やっている仕事に依存しない。

どこに住んでいても、何をしていても、そういう自分でいると、最終的にものすごくラクなんです。

 

❻出発が決まったら、SNSやスマホアプリで台湾の友達を作っておくとよいと思います。

ちなみにヘテロセクシュアルのみなさんには「Tinder」とかが人気だと思います

 

❼生きやすさにもいろいろあるけれど、台湾の場合、まず生きていくうえでの指標がたくさんあるのではないかなあ、と思う。

一日の仕事を終えたら、あとは家族や自分、友人との時間を大切にする。

台湾人にとっては、そういうのもまたひとつの大切な形なんですよね。

 

「お金」だけが人生の基準じゃないとき、他にいくらでも生きていきようがある。

すると、社会に隙間というか余白というか、余裕が生まれます。

台湾では、誰かが必ず助けてくれる。

 

あと物質的なことでいうと、インフラが整っていて生きやすい。

飲料水、公共WiFi、そして公共の場に必ずある、スマホの充電スポット。

これらぜんぶ、無料で誰でも使えるんです。

それから街なかに座れる場所がすごく多いですね。

 

台湾社会には、「どんな人も、居ていい存在である」という共通認識のような気分があるんです。

排除されないこと。

これって人間的インフラともいえるんじゃないかな。

 

❽台湾で、つながりを探し求めてがんばった覚えはない。

私が特別話しかけたくなる明るい人柄ってわけでもない。

さらに、私と「友人未満、他人以上」になったからって、彼らに何かの得があるわけでもない。

おまけに外国人なんて、障がい者や高齢者と並んで、社会で孤立しやすい人たちTOP3じゃないですか。

にもかかわらず!気づけばなんとなくゆるいつながりができている。

 

だから中国語ができなくて情弱な外国人の私でも、なんとか地域でちゃんと「認識」されてるのです。

「認識」されてなくても、一人で「存在」してるだけなら、たぶん私はできると思うんですけどね。

見かけると、「あ、あの人だ」と思ってもらえる。

見かけないと、「最近あの人、どうしてるかな~」と思ってもらえる(たぶん)。

そんな人たちが近所にたくさんいる。

 

たかがそんなこと、されどそんなこと。

そんなことが私の海外での隠居生活をほんの少しだけ豊かにし、それに間違いなく支えられ、そして私が人間じゃなくなっていくことを、食い止めてくれていると思うのです。

 

❾私は国書刊行会から出ている「新しい台湾の文学」のシリーズをいくつか読んでいきました。

台湾の歴史や風土が、どんなふうにそこに暮らす人のアイデンティティのゆらぎや、思考の方程式のようなものを作っているのか、理解するためのとっかかりを与えてくれます。

また、文学作品ではないですが、日本と台湾の関係を知りたいなら、蔡焜燦さんの随筆『台湾人と日本精神』、小林よしのりさんの漫画『台湾論』などがとてもわかりやすいです。

 

私がよく行くのが、東海岸は宜蘭県にあります礁渓温泉。

台北から日帰りでも行けるとあって台北人にも人気ですが、まだ日本人には知名度が高くないのか、日本人を見かけることはあまりありません。

台北駅直結のバスターミナルから、カマランバス(往復189元=約680円)で1時間。

終点が礁渓バスターミナルで、この真裏が温泉公園。公園内には無料の足湯があり、その横には水着着用の温泉プール。

その奥には水着不要の「森林風呂」があります(宜蘭県民以外は入場料120元=432円)。

 

私はこの「森林風呂」へ一直線、徒歩3分!

無味無臭無色の天然温泉。

炭酸重曹泉、いわゆる美肌の湯というやつで、お湯の中で肌をこするとツルツルするのがわかる。

 

⓫実際に台湾に来て生活してみると、意外と安くないんだな~、と思う。

というか、高い安いにバラつきがある。

たとえば夜市メシや交通費なんかは、日本よりも格段に安いんです。

では、どういうものが意外と安くないかというと、まことに所帯じみたレポートで申し訳ないが、まず掃除用品。

あとは日常生活のこまごましたものですかね。

 

台湾は交通費が安い。初乗りはMRT(地下鉄)が20元(72円)、バスが15元(54円)。しかもMRTは悠遊卡(EasyCard)という交通系ICカードを使えば2割引きになるし、バスMRTへの乗り換え時には8元割引になる。

低所得でも移動がしやすくて助かります。

そしてタクシーが初乗り70元(252円)!

あと台北市内の、MRTでアクセスがしにくいところなら、YouBikeという公共レンタサイクルがあるので、これを愛用しています。

ちょっと乗るくらいだと、返却時に料金が「0元」ということもよくあります。

 

⓬隠居が選んだ外食のあれこれ

 

潤餅──野菜がたくさん摂取できる神B級グルメ 50元程度

 温野菜(もやし、にんじん、キャベツ)、菜脯(大根の漬物)、パクチー、ピーナッツの粉と、豆干(豆腐をプレスして固く したもの。押し豆腐)なんかをドカ盛りにし、薄い小麦粉の生地で巻いた、温野菜春巻のような料理。

 

素食便當──少食なので2段階で弁当をやっつける

 

自助餐──好きなものを好きな量だけ 70元(252円)

 好きなものを好きなだけ盛って、値段は重さで決まるというバイキング式食堂です。

 

コンビニサラダ──野菜不足の応急処置 55元程度。約200円

 

茶葉蛋──いつでもどこでも台湾煮卵 1個10元(36円)くらい

 卵の殻にヒビを入れて、醤油と茶葉と香辛料で煮込んだもの

 

⓭一般的にいって、銀行口座を開設するのは、本国人よりも外国人のほうがハードルが高いです。

現地の日本人に聞いてみたところ、外国人が銀行口座を開設するのは、基準が年々厳しくなっているが、「兆豊国際商業銀行」という銀行が、わりと条件がゆるいとのことで。

 

⓮移住するときに迷うのが服装です。

結論からいうと、日本でふつうに着ていた服を、そのまま着ていけます。

量としては、東京で隠居していたときのクローゼットから、冬服を引いた感じでOKでした。

たまに行くのが「NET」というお店。

台湾のガイドブックでも、ご当地プチプラブランドとして紹介されている。

 

店舗数も圧倒的に多い。

ここは、日本でいうとユニクロ……いやもう少し若めで、GUとH&Mを足したような感じの台湾ブランド。

シンプルでカジュアルな定番モノが必ずあって、さらに季節モノはシーズン後半にいくとどんどん安くなる。

ソング(thong)というのは、Tバックのこと。

で、このソングが、実際はいてみると、酷暑にはむちゃくちゃ機能的なんですよ!

一般的な衣料品店ではほとんど見かけません。私は通販で買うことが多いです。

 

⓯90日ごとに出入国を繰り返すことになるのですが、90日ごとに来てるのに入国カードには毎回「観光」にチェック。

どんだけ観光すれば気が済むんだと言われてもしかたない。

これがアメリカだったら、即「そんなに頻繁に観光に来るなんて怪しい」と別室に連れていかれるところですが、台湾では入国を止められたことも、怪しまれたことも(いや怪しまれてるかもしれないが)、実は一度もありません。

それは日本人の私だけではないようで、台湾人の友人なんて、3か月どころか毎月のように日本に遊びに行ってるけど、一度も入国拒否されたことはないという。

【実践】3個の行動ポイント

✔️旅行・移住前にSNS、マッチングアプリで台湾の友人を作っておく!

✔️『台湾人と日本精神』、『台湾論』を読む!

✔️台湾でできる仕事を探してみる!

ひと言まとめ

自分の生活スタイルがあれば

隠居はどこででもできる!

 

 

 

 

 

書籍情報

【書籍名】いま、台湾で隠居してます

【著者名】大原扁理

【出版社】K&Bパブリッシャーズ

【出版日】2020/12/13

【オススメ度】★★★☆☆

【頁 数】256ページ

【目 次】

はじめに

いま、台湾で隠居してます

第1章 なぜ、台湾で隠居することになったのか

元来、旅行が好きではない

海外移住は選ばれし人だけのもの?

 

1 台湾に移住する前にやっておきたいこと

移住は3年前から始まっている

とりあえず、海外移住の夢をあきらめる

泊めてくれる友人を作っておく

いつでもどこでも生きられるようにしておく

 

2 ビザのこと

30歳以下ならとりあえずワーキング・ホリデー

 

3 お金と保険はどうする

予算と所持金は?

クレジットカードの付帯保険でOK

スマホは絶対にSIMフリー

【コラム】風水で運を鍛えておく

 

6 台湾へ出発

さよなら、東京成田へ、台湾へ台湾でのファースト・ミッション。

SIMカードを買う

台北市内へ移動して、仮の住まいにチェックイン

 

第2章 台湾で日常生活を作り上げる

1 家を決めるアパート契約が日本と比べてラクすぎる

神様に引っ越しのごあいさつ

住居に見る台湾人のてきとうさ

 

2 仕事のことを考える中国語が話せない私ができる仕事って?

 

3 台湾で暮らしを始める

汎用性のあるアイテムをフル活用して生活を組み立てる

意外と安くないのはなぜなのか

安いからってタクシーに乗ったら隠居がすたる

外国人が銀行口座を開設するのは大変である

 

4 気候と衣服について

日本の夏服でとりあえずOK

真夏をサバイバルする

カフェやコンビニがゆるい

 

【コラム】台湾北部の気候

 

台湾版GU「NET」で定番モノを揃える

日本では着る機会のない、超夏服ファッション

下着もソングという真夏仕様で

気候と国民性の関係

初めての台風

 

5 食事は外食か、自炊か

はじめは知ってるものだけで食生活を組み立てる

 

4 住む家を探しておく

ネットやアプリで台湾の友人を作っておく

普段から人助けをしておくと、あとがラク

アパート探しは出発前から始まっている

 

5 事前に台湾事情を知っておく

中国語は一秒も勉強しませんでした

現地の文学が最高の生活ガイド

台湾はベジタリアン先進国

食の充実と健康の維持を両立させたい

 

隠居が選んだ外食のあれこれ

潤餅──野菜がたくさん摂取できる神B級グルメ

素食便當──少食なので2段階で弁当をやっつける

自助餐──好きなものを好きな量だけ

コンビニサラダ──野菜不足の応急処置

茶葉蛋──いつでもどこでも台湾煮卵

 

台湾の水道水は飲料に適しているか

初めての夜市キッチンなくても意地でも自炊

 

【コラム】有機食材はここで買ってます

 

6 仕事をする初めての仕事をGET

台湾人のメンタリティ

 

【コラム】在台日本人に聞いた、日台の違い

 

第3章 台湾の隠居生活に根が生える

1 ワーホリビザが切れた!

2 1か月の生活費は5万円以下

 

3 言語の問題中国語が読めないけど読書はしたい

引っ越して3年、最低限の中国語でなんとかやってます

 

4 日帰り温泉の楽しみ

 

【コラム】マイフェイバリット美肌の湯

 

5 街を歩く散歩はマーキングのようなもの

ある日のマーキング

川辺の路上ライブ

ゴミおじいちゃん

おもてなしということ

散歩すると季節迷子になる

豆乳売りの女の子

自由謳歌の樹木たち

散歩のお供にタピオカミルクティー

 

【コラム】深夜に女の子が一人で表を歩けるほど治安がよい

 

台湾の路上生活者たち

玉蘭花を買う

台湾では彼女たちもイキイキしている

その後の夜市

 

【閑話休題】台湾ならではのおみやげ

【コラム】隠居が選んだヴィーガン食品みやげ6選

 

第4章 台湾で隠居するということ、あるいはマイノリティである、ということ

1 コロナ禍の台湾総統の蔡英文さん

台湾民主主義と李登輝さん

 

2 日本語世代の人々と出会う

 

3 名前に執着がない台湾人

 

4 隠居も病気にかかる

外国人でも行きやすい病院を探して

漢方というクリニック

 

5 台湾でウツは治るのかレポ

 

6 私はインスタント言語障がい者

強制的にマイノリティになるという体験

言語障がい者にとって、コミュニケーションは加点式

共同幻想は捨てたほうがラク

7 ご近所づきあい友人未満、他人以上

孤独死

台湾隠居生活、老後どーする?

 

8 マイノリティと台湾の生きやすさ

人間がまだちゃんと人間であるということ

 

9 日に日にアホになっていく

 

私の台湾、あなたの台湾

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA