温泉レポート 春日部温泉湯楽の里

今回初めて行った日帰り温泉春日部温泉湯楽の里についてレポートします。

まずは湯楽の里・喜楽里について。

関東一円のチェーン展開している温泉施設である。

よくあるスーパー銭湯で多いパチンコ店母体の資本ではない。

全ての店舗が温泉というわけではなく、22店舗中17店舗が温泉施設、5店舗はスーパー銭湯。今回訪れた春日部店はもちろん温泉がある。

アクセス:電車→春日部駅から徒歩15分

車→国道16号が近くにあり、4号線のすぐ脇に入った住宅街にある。

駐車場が広く車での来客が多いのかも。

温泉ついて

温泉設備
内湯:炭酸泉(37度ぬる湯)/ジェットバス/腰掛け湯/サウナ(自動ロウリュあり)/水湯(温め)
露天:源泉/壺湯/寝湯/寝転び湯

源泉泉質
ナトリウム-塩化物強塩泉(高張性・中性・高温泉)

良い点

  1. 炭酸泉がぬる湯
  2. 自動ロウリューがある
  3. 水飲み器がある

1.炭酸泉がぬる湯

内湯の炭酸泉が良い。人工ではあるが高濃度炭酸泉1000ppm。37度のぬる湯だが入って5分ほどで体がじんわり暖かくなってくる。浴槽は縦長でぎゅうぎゅうで10人ぐらいは入れる程度の広さがある。長湯にぴったりで出入りを繰り返し、気持ち良すぎて1時間ぐらい入ってしまった。

2.自動ロウリュがある

サウナが広い。5段×5列ほどで天井が高く隣とのスペースありゆったりとした作り。温度は他と比べ高めに感じた。1時間おきに自動でロウリュが作動するとのこと。今回はコロナの影響で休止中で体験できず。

3.水飲み器がある

内湯の入り口にある水飲み器2台。長湯するには水分補給が欠かせない。個人経営の店では特に水飲み器がないことがあるので必ず水分を持参することにしている。2台のうち1台が冷たい水、もう1台が常温の水。常温の水があるのは珍しい。夏場でも常温を飲む私にとってはとてもありがたい配慮。

不満な点

  1. 源泉のインパクトが薄い
  2. 水風呂が温め

1.源泉のインパクトが薄い

関東で多い塩化ナトリウムが多い茶色い鉄泉。匂い、濃さのインパクトが弱い。

埼玉でも同じ泉質の三郷のめぐみの湯の方が格段に質は上。源泉掛け流しであるとことは素晴らしいが…

正直源泉目当てではここを選ばないかも。

2.水風呂が温め

サウナ好きには水風呂の温度は気になるとこる。残念ながら水温は温めだった。

いちおうサウナ→水風呂×1回でととのった😅

ロウリュがあるだけにここがクリアになればサウナ目的に通えるのだが..

施設について

2階が温泉で1階が食堂と休憩所がある。

食堂の食事については今回利用しなかったためノーコメント。

休憩所は高評価できる。

マットレスで眠れるスペースが10席ほど。

カウンターには電源コンセントがあり、空いている平日ならカフェ感覚で長居できる。

漫画が豊富。鬼滅の刃もあり。

営業時間:9時~深夜1時
料金:平日大人780円・子供360円/土日祝日大人980円・子供460円
   カード入館回数券(10回分)7,300円
※初回のみLINE登録すると50円引きできる

まとめ

わざわざ遠くからいくほどの価値はない。近くにあれば炭酸泉目当てに,漫画をじっくり読む目的でたまに行っても良いかなと思える印象。

seiichi的コスパ度:⭐️⭐️

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA