【即完売】UR 事故物件に住もう!【1年間半額で住める】

広い部屋に住みたい。

けど、家賃は抑えたいなぁ〜。

なんかお得に住める方法ない?

あります!

そんなあなたには、URの事故物件をおすすめします。

実際に1年間住んでみた経験から、メリット、デメリット、物件の探し方、申し込み方法について説明していきます。

URとは?

一般的にはUR都市機構と呼ばれている。

独立行政法人都市再生機構。

日本全国の団地やタワーマンションなどの賃貸物件の管理を行っている。

対象エリア

北海道

東北エリア:宮城県

関東エリア:東京都、神奈川県、千葉県、埼玉県、茨城県

東海エリア:愛知県、三重県、岐阜県、静岡県

関西エリア:大阪府、兵庫県、京都府、滋賀県、奈良県、和歌山県

中国エリア:岡山県、広島県、山口県

九州エリア:福岡県、熊本県、長崎県、鹿児島県

 

事故物件って大丈夫なの?

事故物件、URでは正式には、「特別募集住宅」と言います。

事故物件とは、前の居住者が死亡している物件のこと。

死亡原因で多いのは自然死(孤独死など)、自殺など。

具体例をあげると。

私が入居していた部屋は、浴室での自殺。

原因については契約時に詳しく教えてくれるので、一応聞いておきましょう。

入居時には浴槽が新品に交換されていてピカピカだった。

自然死についても同じ。

URではないが、今住んでいるアパートも事故物件。

高齢男性の自然死とのこと。

入居時の部屋は床のフローリングもピカピカで全く痕跡がわからなかった。

なので精神的に気にならなければ、物理的には全く問題無しです!

メリットその1 1年間だけ半額で住める!

半額になる事故物件のことを、URでは正式には特別募集住宅という。

1年間限定なので、一番得な方法は1年ごとに特別募集住宅への引越しを繰り返すこと。

常時事故物件の在庫数が多い大阪なんかでは、十分可能。

メリットその2 部屋数が多い

1Kから4LDKまで幅広く種類があるが、2〜3DKあたりの物件が多いので家族や同居者が多い人向け。

メリットその3 敷金・礼金・保証金・更新料が無い

一般の賃貸物件でかかる敷金、礼金、保証金、更新料などの初期費用が一切かからない。

そのため事故物件じゃなくても、気軽に引っ越しができます。

URから他所のUR物件への引越しはお得。

実際にUR引越しを繰り返す人も多いと窓口の人から聞きました。

大阪は常時、事故物件数が多くUR→UR引越しがしやすいので特に狙い目です!

メリットその4 保証人不要

フリータや無職でも契約できます。

その代わりに収入証明書を提出する。

収入証明書では家賃の4倍の月収が必要。

※60歳以上の高齢者や20歳以上の学生の場合は特例あり。

もしくは1年分の家賃を契約時に一括で前納すること。

そして家賃の100倍の貯蓄残高証明ができればOK。

家賃5万円なら500万円の現金での貯金が必要。

株、債券などの金融資産は不可なので注意!

デメリットその1 エアコン、網戸、ガスレンジが無い

エアコン、網戸、ガスレンジは自分で用意しなくてはならない。

エアコンについては1年間だけ入居するならレンタルがある。

クロネコおまかせレンタルの場合、12ヶ月61,050円と配送料が2,130円がレンタル時と返却時にそれぞれかかる。

月単位で換算すると、1ヶ月5,400円ほど。

網戸はURで購入できるが、1万円程度かかる。

ガスレンジについては、5千円程度で購入できる、IHクッキングヒーターで代用しよう。

デメリットその2 郊外にあることが多い

駅近物件が少ない。

近くても駅から徒歩20分以上の立地が多い。

電車通勤には不便。

その分緑が多く公園などの施設は充実している。

近くにスーパーやコンビニが無い場合もあるので、事前にチェックしよう!

デメリットその3 エレベーターが無い

10階以上の高層タワー型ではエレベータは完備している。

しかし、5階立てぐらいの一般的な団地では階段のみで、エレベータはありません😓

引っ越しが大変なのと、ちょっとした外出が面倒になります。

なので、できるだけ低層階を選ぶのが吉。

最上階は夏も暑いので避けましょう。

物件の申し込み手順

手順2
目当ての物件が見つかったら即最寄りのUR店舗へ直接行く
 
手順3
店舗で仮申し込み、内覧予約する
 
手順4
内覧する
 
手順5
気に入ったら必要書類を準備して正式契約する
 

 

注意
本当にあっという間になくなります。

早いもの順なので、気に入った物件があったら即仮契約しましょう!

内覧期限は仮申込日から1週間以内。

書類提出期限は内覧日から1週間以内。

仮申し込み期限は書類提出日から1週間以内。

まとめ

家賃は固定費で最も節約効果が高い費用です。

1年限定とはいえ半額は絶対に得!

交通が不便でも困らない人(在宅ワーク)、家族が多く部屋数が必要な人、不動産審査が通らない人に特におすすめします。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA